Dec 13

みなさんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか?

過日ご案内しました、1/18(木)カサ・デ・エスペランサ新春ライブですが、昨日満席となったとのことです。早々にご予約下さいました皆様、誠にありがとうございました。エスペランサからのお知らせによりますと、今後はお立ち見での受付となるそうですが、キャンセルがあり次第通常のお席の方へご案内できるとのことです。平日のライブですし、直前のキャンセルもあるかと思いますので、ご希望の方はエスペランサさんの方へ直接ご連絡下さい。

ご予約先:メール:selva@tablaoesperanza.com
TEL:昼(セルバ)03-3383-0246/夜(エスペランサ)03-3316-9493

  • 2018.1.18 // カサ・デ・エスペランサ新春ライブ, (東京/高円寺),20:00開演
    5500円(要割引券→割引券はこちら/1ドリンク・タパス付)
    新春ライブ2018表新春ライブ2018裏
  • Baile Cante Guitarra
    • 高橋英子
    • 森田志保
    • 瀬戸口琴葉
    • 萩原淳子
    • ディエゴ・ゴメス
    • 川島桂子
    • 尾藤大介
    • 小林亮

なお、2/14(水)恵比寿サラ・アンダルーサさんでのライブは萩原の方で受付しております。チケットご希望の方は こちら「連絡先」 までご連絡下さい。クルシージョ受講生以外の方にはチケットをご郵送いたしますので、郵便番号とご住所もお知らせ下さい。

  • 2018. 2.14  サラ・アンダルーサ(東京/恵比寿)19:30開演 /4000円(1・2部通し)

    Baile Cante Guitarra
    • 市川幸子
    • 谷朝子
    • 堀江朋子
    • 萩原淳子
    • ラウル・レヴィア・アマドール
    • マヌエル・カサス 

    では本日はお知らせまで。またお会いしましょう!

    2017年12月13日 セビージャにて。

Nov 26

CURSILLO CARTEL 2018みなさんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか?

2/3(土)開講「第13回福岡クルシージョ」と2/4(日)開講「第13回大阪クルシージョ」の詳細発表です!

*****************************

【第13回福岡クルシージョ】2018年2月3日(土)開講!

クルシージョ詳細はこちらクリック→FUKUOKACURSILLO.VOL13

お申し込み開始日時:2017年12月4日(月)20:00
お申し込み先:fukuokacursillo@gmail.com(ウラベ)
※上記日時以前、上記アドレス先以外のお申し込みはお受付致しかねます。ご了承下さい。

*******************************************

【第13回大阪クルシージョ】2018年2月4日(日)開講!

クルシージョ詳細はこちらクリック→OSAKACURSILLO.VOL13

お申し込み開始日時:2017年12月3日(日)13:00
お申し込み先:osakacursillo@gmail.com(ハギワラ)
※上記日時以前、上記アドレス先以外のお申し込みはお受付致しかねます。ご了承下さい。

大阪での個人レッスンは2月5日(月)にお受付します。基本的には先着順受付ですが、人数が多い場合はこちらで調整させて頂きますので、個人レッスンご希望の方は可能時間帯とレッスン内容をご連絡下さい。

*******************************************

  • 両クルシージョ共にお申し込みの際は各お申し込み先アドレスからのメール受信できるよう設定をお願い致します。
  • 両クルシージョ共に、クラスに関するご質問・ご相談はお申し込み開始日時以前でも承ります。ご遠慮なくお問い合わせ下さい。
  • 毎回受付初日で定員に達してしまうクラスもございますので、ご希望の方は各クルシージョお申し込み日時開始後お早めにご連絡下さい。
  • 東京での「第22回少人数制クルシージョ」(1/4〜2/18)はすでにお申し込みが開始しております。ご希望の方はこちら「クルシージョ」にてご確認下さい。

*******************************************
では来年お会いできることを楽しみにしております!

2017年11月27日 セビージャにて。

Nov 24

みなさんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか?

過日ご案内しました、「第22回少人数制クルシージョ」(東京・1/4〜2/18)のお申し込みが昨日20:00より開始致しました。今回も早々にたくさんのお申し込みを頂いております。ありがとうございます。昨日は夜中の3時まで(昨日ではなく今日ですね。)ご返信メールに明け暮れておりました。現段階でご連絡下さった皆様には全員ご返信しております。お申し込みご連絡を下さった方でこちらからのメールが届いていない場合は、お手数ですが layunko@gmail.com(ハギワラ)までご連絡下さい。

空き状況は以下になっております。(今後の空き状況は随時こちら「クルシージョ」 にて更新致します。ご確認下さい。)

定員に達したためキャンセル待ちをお願いするクラス(11月24日現在)

  • 1/6(土)12:00〜「根源からマルカール1」
  • 1/6(土)16:10〜「バタ・デ・コーラ・テクニカ基礎1」
  • 1/7(日)11:00〜「根源からマルカール2」
  • 1/8(月祝)11:00〜「根源からマルカール3」
  • 1/8(月祝)15:10〜「バタ・デ・コーラ・テクニカ基礎3」
  • 1/20(土)12:00〜「根源からマルカール4」
  • 1/20(土)16:10〜「バタ・デ・コーラ・テクニカ基礎4」
  • 1/21(日)11:00〜「根源からマルカール5」
  • 1/28(日)11:00〜「根源からマルカール6」
  • 2/10(土)16:10〜「バタ・デ・コーラ・テクニカ基礎7」
  • 2/11(日)11:00〜「根源からマルカール8」
  • 2/12(月祝)11:00〜「根源からマルカール9」
  • 2/12(月祝)15:10〜「バタ・デ・コーラ・テクニカ基礎9」
  • 2/17(土)12:00〜「バタ・デ・コーラ・テクニカ基礎10」
  • 2/17(土)16:25〜「根源からマルカール10」

    上記以外のクラスでも定員まであと数名で締め切りとなるクラスもございます。ご希望の方は以下ファイルにて詳細をご確認の上、layunko@gmail.com (ハギワラ)までお早めにご連絡下さい。

    なお2/3(土)開講「第13回福岡クルシージョ」と2/4(日)開講「第13回大阪クルシージョ」詳細は来週以降発表させて頂きます。新規の方で、既受講生同様こちらからの直接ご案内をご希望の方はこちら「連絡先」 までお問い合わせ下さい。

    では本日は取り急ぎのご連絡でした。またお会いしましょう!

    2017年11月24日 セビージャにて。

 

Nov 16

スクリーンショット 2017-11-16 12.50.04みなさんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか?

お待たせしました。第22回少人数制クルシージョ(東京・1/4〜2/18)詳細発表致します。以下ファイル2点をクリックしてご確認下さい。

  • クラス内容詳細・受講料・お申し込み方法等→TOKYO CURSILLO VOL.22
  • 時間割詳細・ライブ情報→CALENDARIO CURSILLO TOKYO VOL.22
    ※上記ファイルがお開きになれない場合は、こちら「連絡先」   までご連絡下さい。こちらから直接ファイルをメール送信させて頂きます。(layunko@gmail.comからのメール受信設定のご確認をお願い致します。)
受講ご希望の方はご確認の上、以下お申し込み日時以降以下お申し込み先までご連絡下さい。
お申し込み開始日時:2017年11月23日(木)20:00
お申し込み先:layunko@gmail.com(ハギワラ)
※上記日時以前、上記アドレス先以外のお申し込みはお受付できませんのでご了承下さい。
なお、クルシージョに関してのご質問、個人orセミ・プライベートレッスンへのお問い合わせ等は上記日時以前でも承りますので、上記アドレスまでご遠慮なくお問い合わせ下さい。
また、1/18(木)高円寺カサ・デ・エスペランサ新春ライブ、
2/14(水)恵比寿サラ・アンダルーサライブのご予約も受付中です。
詳細は上記添付ファイル、もしくは こちら「公演情報」 にてご確認下さい。
2/14ライブチケットご予約は萩原の方でお受付しております。
上記アドレスまでご連絡下さい。
以上、上記内容のご案内メールを、既受講生とお問い合わせの皆様へ一斉メールにて送らせて頂きました。万が一こちらからのメールが届いていない場合は こちら「連絡先」 までご連絡頂けますと幸いです。
では来年お会いできることを楽しみにしております!
皆様どうぞご自愛下さいませ。
2017年11月16日 セビージャにて。
Nov 12

_DSC2087 のコピーみなさんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか?

早速ですが、次回の一時帰国日程は2018年1月2日(火)〜2月20日(火)までとなります。

期間中のクルシージョ予定は以下となります。

【第22回少人数制クルシージョ】東京・2018年1月4日(木)〜2月18日(日)開講予定

開講予定クラス

  • 「今、見直すべき基本」
  • 「タンゴ振付」
  • 「新規ガロティン振付」
  • 「根源からのマルカール」
  • 「バタ・デ・コーラ・テクニカ基礎」
  • 「バタ・デ・コーラ・カーニャ振付」
  • 「セビジャーナス・マントン振付」
  • 「歌ギター伴奏付きクラス」

【第13回福岡クルシージョ】2018年2月3日(土)開講予定

【第13回大阪クルシージョ】2018年2月4日(日)開講予定

【つくば国際美学院さん主催クルシージョ】2018年1月25日、2月1日、2月8日開講予定。

時間割を含めた詳細は近日中に決定予定です。既受講生にはこちらか直接詳細ご案内メールを送らせて頂きます。新規の方で詳細ご希望の方は こちら「連絡先」 までお問い合わせ下さい。既受講生同様に直接ご連絡させて頂きます。

また、現段階で決定している出演ライブは

  • 1/18(木)高円寺カサ・デ・エスペランサ新春ライブ
  • 2/14(水)恵比寿アンダルーサライブ

となります。詳細は こちら「公演情報」 にてご確認ください。両ライブ共にご予約受付中。1/18ライブに関しては毎年人気の新春豪華ライブとなり早期満席も予想されますので、ご希望の方はお早めにエスペランサさんまで直接ご予約下さい。

飛行機のチケットをとると、さらに気合いが入ります!冬は1ヶ月程の滞在になりますが、クルシージョでもライブでも密度の濃い時間にしたいと思っています。お会いできることを楽しみにしています!

ではみなさま、風邪など引かぬよう、どうぞご自愛下さいませ。

写真:アントニオ・ペレス

2017年11月12日 セビージャにて。

 

Oct 31

22860118_10155794510571228_4470708390613253258_o22828987_10155794510361228_6085012958174580191_o22904667_10155794511146228_4913195277573489748_o22904595_10155794511946228_2598908492979446447_o22829901_10155794663041228_5143351101673230998_o22904737_10155794663036228_4791516254550357657_o22829089_10155794510211228_6177525608685198680_o22829000_10155794510206228_8035361461414899166_o22861529_10155794510226228_305831342128494376_o22861696_10155794510371228_6096414115166813356_o22829798_10155794510436228_2483519586766250761_o22859858_10155794510566228_8963000210747981855_o22829101_10155794510621228_2875809376342879054_o22829420_10155794510741228_1340776986339119634_o22861393_10155794510781228_1099026720364000455_o22792319_10155794510916228_393568787510755360_o22859702_10155794510911228_4744378582001882943_o22792270_10155794510901228_900779735103203838_o22829403_10155794512681228_3270185404183095116_o22859988_10155794749891228_4188221284212971773_o22829595_10155794511111228_4799512791162897648_o22792342_10155794511256228_7732759034791567049_o22829720_10155794511366228_7905816986932220610_o22829605_10155794511441228_3690680982297061463_o22829489_10155794511691228_977100591688785308_o22792413_10155794511776228_7627399455419758027_o22829145_10155794511831228_3951751512758614843_o22859741_10155794512041228_4449301830740753422_o22859872_10155794512096228_5607061793548631854_o22859735_10155794512166228_3317561945079718838_o22861767_10155794512471228_2675185697062160797_o22904549_10155794512376228_1746116808426791405_oみなさんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか?

こちらセビージャは一昨日冬時間になりました。スペインにはサマータイム制度が導入されているので、毎年10月の最後の日曜に夏時間(サマータイム)から冬時間に変わるわけです。よく昔やっていたのは、その前日の土曜に寝る前に時計の針を1時間ずらしておくと、朝起きた時には夏時間、もしくは冬時間になっているという方式。でもよくあるパターンが、1時間ずらすのは分かるんだけど、1時間後なのか前なのか???というのでもめる。(笑)毎年繰り返しているのだから分かりそうなものなのですがね(笑)。でも最近では勝手に携帯やパソコンが時間を変えてくれるのでその心配もなくなりました。機械の方が私より賢いわけです(笑)

さて、先週金曜のペーニャ・エル・チョッサ公演はお陰様で無事に、そして大盛況のうちに終了しました。本当にたくさんのお客様で・・・会場に入りきれないため、ドアを開放し、舞台外のバルや表通りからご覧になっていたお客様もいらっしゃいました。それ程大きくはないペーニャですが、セビージャの外れにあるあのペーニャにあれ程お客様が入ったのも珍しいとのことでした。本当にありがとうございました!

第24回フラメンコ文化週間
ペーニャ「エル・チョッサ」
2017年10月27日
ギター:ミゲル・イグレシアス
カンテ:エル・ガジ、モイ・デ・モロン
バイレ:萩原淳子

写真:アントニオ・ペレス

当日はマントンのアレグリアスと、ソレアの2曲を踊りました。(小さな舞台だったので小さめのマントンを使用。)今回はエンサージョなし、本番前に楽屋で構成を口頭で伝えだけで舞台に立ちました。自分が即興にどう対応できるか試してみたかったからです。もちろんついてきてくれると安心できるアーティスト達との共演だったからこそですが。

ミゲル・イグレシアスとは初共演でした。舞台の上での彼との掛け合いというか、駆け引きみたいのがスリル満点。でも即興がうまく行かない所もあり、反省。ガジとモイとは共演したことが何度かあったけど、この二人のセットは初めて。ガジとモイって、1+1=2ではなく、1+1=5くらいになる。凄いな。

1部はミゲル・イグレシアスのギターソロからガジのカンテ・ソロに続き、私のアレグリアス・コン・マントン。先述の通り小さな舞台だったので小さめのマントンを使用しました。歌い手のマイクに引っかからないようにと気をつけていたら、自分のペイネタ(飾り櫛)に引っ掛けてしまったという・・・(笑)エイっと取ったので特には影響なかったので良かったです。アレグリアスに関しては特筆することなしかなあ・・・1部終わった後にガジが「すごい良かったね!」とニコニコしてたけど、私としては「そうかなー?」という感じ。悪くはないけど、花火を上げる程でもない。1曲目ということもあったのかな?一般的に後半になるにつれて盛り上がるものですからね。

そして2部。モイのカンテ・ソロから始まりました。マラゲーニャ。うわー、これがすごかったわ。声に、歌い方にこもるモイの感情。カンテはそれが溢れ出るもの。歌うってそういうことなんじゃないか、と。前日に同じペーニャで聴いたアルフレッド・テハダのカンテも圧巻だったけど、あの日のモイにはかなわないでしょう。素晴らしかった。モイが素晴らしい歌い手なのはみなさん知っているのでしょうけど、素晴らしい中でも、その時によって度合いが違う。あのマラゲーニャはその度合いの違うマラゲーニャだったわけです。楽屋で一緒に聴いていたガジの目も涙目になってた・・・

そしてその後が私のソロのソレア。久しぶりに来ました。あの感覚。あの独特の感覚。あれがある時に私はソレアを踊れる。ソレアの振付ではなくて、ソレア。どうしてそれが来るのかはよく分からないし、来ない時はなぜ来ないのかは分からない。でも来た時、いや、来る時にははっきり分かる。モイのマラゲーニャはそれに至るまでの一つの流れだったのかもしれないし、それにガジのソレアのサリーダ、歌と引き継いだのかもしれない。いずれにせよ、モイのソレアで私の中の何かがぶっ飛んだ。ぶっ飛んだけど、地に根を張っていた。相反するようで実はつながっているのかもしれない、私のソレア。評論家が見ればいろいろ批評すべき部分があるのでしょうが、いいんです。私は私のソレアを踊れたことに、というかここ最近ソレアを踊ってもソレアを踊った感がピンと来なかった自分に、ドカンとソレアが落ちてきたこと、ソレアに戻れたことに感謝したい。そしてそのためには彼らの歌とギターが必要だったということ。だから彼らにももちろん感謝しています。ありがとう。

やっぱりソレアだ、私の踊りは。

細かいことを言えば、即興がしっくり来なかった部分もあり、やっぱり反省。やっぱり初めて仕事したギタリストだったから、少なくとも本番前に楽屋でさらっと見てもらえばよかったかなあ、そういうのもなしにしてぶっつけ本番にしちゃった自分に責任があったかな・・・色々考えてあの日はまた眠れなかったし・・・。でもまあ、終わったものは仕方ない。次回の検討課題にしよう。いずれにせよ、いい面悪い面全部ひっくるめても、あのソレアを踊れて本当によかった。それが私の中で最大。

それと、これは舞台上でお話させて頂いたけど、東洋人がこの土地で踊り続けるというのは難しい・・・。たとえフラメンコを愛していて学び続けていても、その壁を取り払うのは簡単ではない。でもこのペーニャの皆さんのように、「心の眼」で私の踊りを見てくださる方々がいらっしゃるからこそ、私はこれからも道を歩み続けることができるのだと思う。本当にありがとうございました!!!

最後に・・・たくさんお喜びのお言葉を頂けて本当に感謝しているけれど、あるのペーニャ会員の方から頂いたお言葉が一番嬉しかった。

「もっと遠くに行きなさい、君なら行けるはずだから。」

・・・うん、そうだ。行けると信じて歩き続けよう。

2017年10月30日 セビージャにて。

« Previous / Entradas Anteriores