May 26

スクリーンショット 2016-05-26 00.05.18スクリーンショット 2016-05-26 00.05.5812936730_870801463032183_4375386503612080724_nみなさんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか?

8/20(土)大阪アルディエンテにて開催される、「うねじゅんじゅん」フラメンコ公演のフライヤーができましたのでアップします!フライヤーができる前から公演のお問い合わせを頂いておりました。お待たせして申し訳ございませんでした!

うねじゅんじゅん・・・・それは出演バイラオーラ3人の名前からとった公演名です。宇根由佳さん、森脇淳子さん、そしてわたくし萩原淳子です!昨年、一昨年と「アントニオ・ペレスの仲間たち en OSAKA」ライブで共演、毎年とても楽しく、勉強させても頂き、お客様も出演者も大満足でした!そして今年は3人のユニットということで公演名を新たに「うねじゅんじゅん」に。3人のソロの踊りはもちろん、今までになかった合わせもの、つまり3人の群舞もあります。ライブはこれまで同様1部・2部の構成で各自それぞれソロを踊りますが、各部のオープニングとしてその群舞を踊る予定です。

前回の「第9回大阪クルシージョ」の後、大阪のスタジオに3人で集まり、オープニングを1曲作ったのですが、スタジオを1時間半予約したにもかかわらず、振付は30分で終わってしまった・・・・というより、最初の1時間はべらべらおしゃべりばっかりしていて、気付いたら、あ、もう30分しかないよ!!!というわけで30分で作ったのでした(笑)とにかく話しと笑いが止まらないんです。3人で会ったのが久しぶりっていうのもあるんですが、(その割には全然久しぶりの感じがしなかった・・・笑)ボケとツッコミ満載の1時間。私は本来は神奈川育ちなのですが、お二人(宇根さんは京都、森脇さんは大阪)の中に入るとなぜか、モードが関西系になってしまう。練習後の飲み会もしゃべりにしゃべりまくって時間が足りない〜。次回は6月、東京でもう1曲のオープニングをまた3人で作るのですが、大丈夫なのか?????またしゃべりと笑いで時間が過ぎそうですが、それでもそこはプロですから、きっちり作らせて頂きます!というわけで、1部・2部ともに異なるオープニング、バイレソロをどうぞお楽しみ下さい!

チケットのお申し込みご連絡を下さった皆様、誠にありがとうございます。残席は1部・2部共にまだありますが、事前に満席になることも予想されますので、ご希望の方は フライヤー記載のお申し込み方法をご確認の上、ticket.layunko@gmail.com までお早めにご連絡下さい。皆様のご来場をお待ちしております!


スクリーンショット 2016-05-26 00.01.49そして以下は「うねじゅんじゅん」公演の前後に開講する大阪クルシージョの空き状況です!

「第10回大阪クルシージョ」お申し込み状況(5月25日現在)

  • 8/19(金)19:15〜「サパテアード原点」空き7名
  • 8/19(金)20:35〜「ソレア研究」   空き3名
  • 8/21(日)13:15〜「使ってこそ身体」 満席のためキャンセル待ちをお願いします。
  • 8/21(日)14:35〜「コンパス重視」  満席のためキャンセル待ちをお願いします。
  • 8/21(日)15:55〜「ソレア研究」   満席のためキャンセル待ちをお願いします。
  • 8/21(日)17:15〜「マントン・テクニカ」    空き1名
  • 8/21(日)18:30〜「バタ・デ・コーラ・テクニカ」空き3名

大阪クルシージョ詳細はこちら→OSAKACURSILLO.VOL10

※「第10回福岡クルシージョ」(9/3開講予定)と福岡ライブ(9/4開催予定)、つくば国際美学院さん主催クルシージョ詳細は決定次第ご案内させて頂きますので宜しくお願い致します。

では大阪でお会いできることを楽しみにしています!

2016年5月25日 セビージャにて。

May 24

みなさんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか?

「第19回少人数制クルシージョ」&8/3(水)・4(木)・6(土)・7(日)写真展ライブ空き状況のお知らせです。

「第19回少人数制クルシージョ」(東京・6/11〜8/28)
定員に達したため、キャンセル待ちをお願いするクラス(5月25日現在)

  • 6/14(火) 18:40〜「マントン・テクニカ基礎1」
  • 6/19(日) 11:10〜「今、見直すべきテクニカ3」
  • 6/21(火) 18:40〜「マントン・テクニカ基礎2」
  • 6/25(土) 12:10〜「今、見直すべきテクニカ4」
  • 6/26(日) 12:10〜「今、見直すべきテクニカ5」
  • 6/28(火) 18:40〜「マントン・テクニカ基礎3」
  • 7/2 (土) 11:10〜「今、見直すべきテクニカ6」
  • 7/3 (日) 14:50〜「スペイン語入門2」
  • 7/3 (日) 16:00〜「今、見直すべきテクニカ7」
  • 7/5 (火) 18:40〜「マントン・テクニカ基礎4」
  • 7/12(火) 18:40〜「マントン・テクニカ基礎5」
  • 7/23(土) 15:20〜「スペイン語入門3」
  • 7/24(日) 14:20〜「スペイン語入門4」
  • 7/30(土) 15:20〜「スペイン語入門5」
  • 7/31(日) 14:20〜「スペイン語入門6」
  • 8/11(木祝)15:35〜「スペイン語入門7」
  • 8/14(日) 13:30〜「バタ・デ・コーラ・ソレア振付」
  • 8/27(土) 13:10〜「スペイン語入門9」

以上になります。なお、HP「クルシージョ」の内容はシステムの都合上更新できない状況ですので、こちらのトップページにて随時更新させて頂きます。

「第19回少人数制クルシージョ」詳細はこちらクリック↓

TEISEI.TOKYO CURSILLO VOL19

TEISEI.CALENDARIO.TOKYO CURSILLO VOL19

上記以外でも定員間近のクラスもありますので、受講ご検討の方は上記詳細をご確認の上お早めに layunko@gmail.com までお申し込み下さい。

8/3(水)・4(木)・6(土)・7(日)アントニオ・ペレス来日写真展同時開催ライブ 残席情報

  • 8/3(水)19:30開演 残席12【バイレ】阿部碧里・市川幸子・堀江朋子・萩原淳子
  • 8/4(木)19:30開演 残席 8【バイレ】伊集院史朗・鍛地陽子・島崎リノ・萩原淳子
  • 8/6(土)14:00開演 完売御礼、キャンセル待ち受付中【バイレ】田倉京・中谷泉・藤井かおる・萩原淳子
  • 8/6(土)18:00開演 残席 9【バイレ】太田マキ・田村陽子・水野恵・萩原淳子
  • 8/7(日)14:00開演 完売御礼、キャンセル待ち受付中【バイレ】後藤めぐみ・デラフエンテチャベス由香・徳田志帆
  • 8/7(日)18:00開演 残席15【バイレ】浅見純子・島村香・松彩果・萩原淳子
    ※【カンテ】全日エル・プラテアオ
    【ギター】8/3(水)久保守・鈴木淳弘、8/4(木)小林亮、8/6(土)・7(日)エミリオ・マジャ

たくさんのお申し込みを頂き誠にありがとうございます!現在残席のあるお日にちも事前の満席が予想されます。
ご検討中の方はお早めに ticket.layunko@gmail.com  までご連絡下さいませ。

ライブ詳細はこちらSHYASINTEN-LIVE 2016

写真展詳細はこちらzoo 

ではまたお会いしましょう!

2016年5月16日 急にまた暑くなったセビージャにて。

May 24

13245381_10154182493251228_129939782183252675_nみなさんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか?

現在発売中の「パセオフラメンコ6月号」20周年記念特集フェスティバル・デ・ヘレス記事内にどーんと全面8ページ、アントニオ・ペレス撮影による「もうひとつのフェスティバル・デ・ヘレス」が掲載されています。昨日、掲載アーティストのバルージョにパセオ誌をプレゼント、大満足の笑顔です!!!

バルージョの他には、このブログでも公演鑑賞記でご紹介したマヌエル・モネオ、モネタ、ベレン・マジャなどの写真も。特に私が好きな写真はこのバルージョの写真もそうですが、その隣の、ロシオ・モリーナに歌うフェルナンド・デ・ラ・モーレナ!是非みなさんご覧下さい。フェスティバルにいらっしゃった方もこれからの方も、見てるだけでフラメンコが身体にたまってきそうな写真ばかりです!

劇場公演のきれいな写真も素敵ですが、アントニオの写真って、なんだかフラメンコのエネルギーに満ちあふれている。大体本人が写真を撮っている時に私は客席でその公演やライブを観ていることが多いのですが、その時に感じたなんとも言葉では表現できない感覚を写真で切り取っている感じ。観終わった後にそれから何ヶ月経ったとしても、もしくは何年経ったとしてもその写真を観るとあの時の感覚がまざまざと思い出されるんです。

そしてですね、私の目からするとアントニオの写真ってどんどんフラメンコになっているように思えるんです。出会ったばかりの頃に見せてもらった、彼のフラメンコの写真って、すごくアーティスティックでそれはそれで素敵だったのだけど、それから数年経って、そのアーティスティックな部分にフラメンコの原液がどぼどぼと注ぎ込まれている感じ。うわー参ったな、こりゃ、って今は思ってしまう。だからアーティスト達にもすごく喜ばれるのだと思う。ただ形良く、きれいに写されたものではなく、自分の内面にあるフラメンコがカメラによって引き出されているのが分かるから。

・・・とごちゃごちゃ言っても始まりません。百聞は一見に如かず。「パセオフラメンコ6月号」にてお楽しみ下さい!

パセオフラメンコさんHPはこちら→http://www.paseo-flamenco.com/monthly/2016/05/20166.php

そして「萩原淳子のフェスティバル・デ・ヘレス2016鑑賞記」。何それ?という方、以下をクリックしてお読み下さい♪

http://www.layunko-flamenco.com/JA/2016/03/日本語-萩原淳子のフェスティバル・デ・ヘレス/

http://www.layunko-flamenco.com/JA/2016/03/日本語-萩原淳子のフェスティバル・デ・ヘレス-2/

http://www.layunko-flamenco.com/JA/2016/03/日本語-萩原淳子のフェスティバル・デ・ヘレス-3/

http://www.layunko-flamenco.com/JA/2016/03/日本語-萩原淳子のフェスティバル・デ・ヘレス-4/

では皆さん、またお会いしましょう!

2016年5月24日 最近よく蚊に刺される、セビージャにて。

May 20

13182969_10207503725644622_332979259_n13248485_10154175103991228_512502429976757260_o13247783_10154175103981228_1481907540565921522_o13235283_10154175103996228_48089172467796859_o13221256_10154175104186228_956529521927078296_o13246358_10154175104206228_2641510695502273324_o13248406_10154175104246228_8485411488361708100_o13227784_10154175108291228_9020039947408228417_o13260224_10154175108281228_2816978110837839056_n13237627_10154175108296228_5921325854159182932_n13260263_10154175108401228_3842724485708752196_n13248570_10154175108436228_7332061969223831520_o13268062_10154175108441228_912107196492221729_o13243861_10154175108971228_7096210465413623548_o13268203_10154175108976228_4693567346898266998_o13268011_10154175108966228_8663292694307649345_o13268087_10154175109056228_5750769662962887154_o13237832_10154175109616228_1915751362120340432_n13248532_10154175109626228_8927597853885930147_oみなさんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか?

こちらセビージャはまた暑くなりました。日差しガンガンの毎日です。

お陰様で一昨日のフラメンケリーアでのライブは無事終了しました。これまで以上にたくさんのお客様にお越し頂き感謝しています。ありがとうございました!

・・・・がそれに比例してライブ中に携帯で撮影する人の数も増加・・・・大体セビージャのタブラオって写真も動画も撮影禁止にしています。ショーの最後数分だけ撮影タイムを作るタブラオもあるようですけど、基本的には撮影禁止。まあ当たり前といえば当たり前ですが、私が時々踊らせて頂いているこのフラメンケリーアというタブラオはどうもそれがゆるいようで・・・これまでのショーでも好き勝手に写真撮影や録画しているお客様(多分その大半は観光客)がちらほら目についたのですが、一昨日は、舞台に立った瞬間に、「ゲッ!!!!何なの、この携帯の数は!!!」とギョッとするほどお客様が携帯を構えていました・・・中には舞台真正面に立って、最初から最後までずーーーーーーっと録画していた人も。

ライブの最初はミゲル・ペレスのギターソロで始まり、大盛り上がり。壮絶テクニックを駆使したグアヒーラ。あれを聞いて興奮しないお客様はいらっしゃいません。(笑)その後は私のバタ・デ・コーラのガロティン。そのガロティンで舞台に立った瞬間に、その携帯の数に唖然としてしまったのでした・・・。それが影響したのかしないのか・・・ガロティンは始終不調。なんとなくギターとカンテと私がかみ合っていかない感じ。この流れを変えなければと精神力を強く持つものの、それも逆効果なのか、なんだか空回り・・・。にもかかわらず、なぜかお客様には大ウケ。踊りの中で私が止まる度に拍手が起きて、心の中では(「いやいや、こんなはずじゃないんです。こんな踊りに拍手しないで下さい!!!」)と叫びつつ、でも顔は笑顔、という複雑な心境でした・・・・。そしてそのままお客様大喝采の中、萩原は笑顔で挨拶をし、しかし舞台からの階段はどよーんとした気持ちでトボトボ降りたのでした・・・

なんであんなことになってしまったのだろう・・・っと歩きながら一瞬ぼーっと考えていたら、しまった!!!!そんな場合ではなかった!!!次の踊りの出番まで5分くらいしかない!!!早着替えをしなくては!!! だーーーーーーっと楽屋までの廊下を、ブラウスを脱ぎながら走り、次のソレアの衣装に着替。一昨日は夫のアントニオが写真を撮りに来てくれたので、着替をちょっと手伝ってくれたのですが、いや、あれはどうなんだろう。気持ちは嬉しいが、悪いけど一人で着替えた方がよかったような・・・(笑)

早着替えって本当に苦手です。いつまで経っても慣れません。(笑)踊り手が3〜4人くらい出演するタブラオであれば、踊り手同士で着替を手伝ったりしますけど、一人だと全部自分でやらなくてはならないから大変です。着替に時間がかかり過ぎて、自分の踊りまでの出番に時間が空き過ぎてしまうと、もちろんその間はギターやカンテで延ばしてくれるアーティストもいるけど、あまり長過ぎても明らかに着替えの場繫ぎっていうのがミエミエでお客様も冷めてしまう。ってなわけで、なるべくショーの流れを妨げないように早着替えするわけです。

ガロティンの時に着ていた黒のブラウスを脱ぎ、バタ・デ・コーラも脱ぎ、ふいてもふいても吹き出して来る汗にひっかかりながら、ソレアの衣装を着る。頭につけている花もイヤリングも靴も全部替え、化粧も多少直し、水分補給もする。1分1秒を争う時間との闘い。もちろん休んでる暇なんてありません。そんでもって衣装の上につける黒のシージョ(ショールみたいの)を、一緒に楽屋にいてくれたアントニオに「黒いの取って!」と頼んだら、・・・・・なんと、さっきガロティンの時に着ていた、そして今脱ぎ捨てたばかりの黒のブラウスを手渡された・・・・分かりますか?この状況?!

今脱ぎ捨てた衣装を、また着るってかあああああああ?!

叫びそうになる衝動をぐっと抑え、「黒いの」って言っちゃった私が悪かったんだ。確かにガロティンのブラウスも黒だし。と地球をひっくり返して考え直し、自分で黒のシージョをとる。つける。後ろの部分はアントニオにつけてもらってもよかったんだけど、いや、自分がつけた方が早いと思い直し、自分でつける。アントニオも私の殺気だっている雰囲気を察知しているのか、黙って隣に立っている。そして他の場所も安全ピンでとめている時に、アントニオが言った。

「あの歌い手はインマ・ラ・カルボネーラって言うの?」

・・・・この瞬間、怒りを通り越して異様な冷静さを保ってしまった私。

「アントニオ、彼女はインマ・リベーラで、ラ・カルボネーラとは別の歌い手なの。でも今、この状況で質問する内容ではないよね。」

そう静か〜に言うと、アントニオはささささーっと3メートルくらい後ずさりしました。それでよし。

そしてまたダッシュして舞台袖まで走る。私が着替えていた間にインマがティエントをソロで歌ってくれていた。私が到着した時にちょうどティエントの最後、タンゴに入っていたところだったのでセーフ。その時点でもまだ汗は引かない状況なんだけど、そのまま私のソレアに突入。その時には件の携帯撮影のことはすっかり忘れていたかなあ。確かに舞台の上で目に入ったと思う。でもガロティンの時ほど気にならなかったかなあ。インマのソレアは力強くて、それを受け止めるには自分も強く深くなっていかないと彼女のカンテで踊ることはできない。ソレアはやっぱり私の曲だなと思いながら踊ったのでした。

その後のフィン・デ・フィエスタもまあ普通に終わり、ライブ終了。帰り際のお客様に挨拶したら、みんな顔がキラキラして「おめでとう!」と声をかけて下さったり、握手されたり、ほっぺたにキスされたり。聞いてみたところ、フランス、ウルグアイ、アルゼンチンetc、いろいろな国の観光客の方々が多かったです。セビージャの知り合いのフラメンコ愛好家の方々や、セビージャの生徒さん達も来て下さいました。ありがとうございました。

でもね、やっぱりまた勉強し直さなければと思うのです。もちろんお客様に喜んで頂けて嬉しい。でも同じように、私も自分の踊りに納得したい。もしかしたらそれは生涯できることではないのかもしれないけど、でもやるからにはちゃんとやらなくては。人間だからいつでもどこでも思うように踊れるわけはない。完璧に踊ることなんてできないし、フラメンコには完璧なんてないのだけど(完璧な踊りはフラメンコとは言わないと思う。)、自分ができる限りのことはしたいと思います。それがどこかでちょっと甘かったんじゃないかな、今回は・・・。そんな気がするからです。

落ち込んでも仕方がないから、反省してまたスタートです!

では皆さんまたお会いしましょう。

写真:アントニオ・ペレス

2016年5月20日 セビージャにて。

May 16

スクリーンショット 2016-05-11 09.48.06みなさんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか?

先週木曜からお申し込み開始しました、「第19回少人数制クルシージョ」&8/3(水)・4(木)・6(土)・7(日)写真展ライブ空き状況のお知らせです。お申し込みが殺到しまして、ご確認とご返信に通常よりも時間がかかってしまいました・・・お申し込み下さった皆様、お待たせして申し訳ございませんでした。現在ご連絡下さった全ての方にご返信メールを送らせて頂きました。万が一こちらからのメールが届いていないようであれば こちら「連絡先」 までご連絡下さい。

「第19回少人数制クルシージョ」(東京・6/11〜8/28)
定員に達したため、キャンセル待ちをお願いするクラス(5月16日現在)

  • 6/14(火) 18:40〜「マントン・テクニカ基礎1」
  • 6/19(日) 11:10〜「今、見直すべきテクニカ3」
  • 6/21(火) 18:40〜「マントン・テクニカ基礎2」
  • 6/25(土) 12:10〜「今、見直すべきテクニカ4」
  • 6/26(日) 12:10〜「今、見直すべきテクニカ5」
  • 6/28(火) 18:40〜「マントン・テクニカ基礎3」
  • 7/2 (土) 11:10〜「今、見直すべきテクニカ6」
  • 7/3 (日) 14:50〜「スペイン語入門2」
  • 7/3 (日) 16:00〜「今、見直すべきテクニカ7」
  • 7/5 (火) 18:40〜「マントン・テクニカ基礎4」
  • 7/12(火) 18:40〜「マントン・テクニカ基礎5」
  • 7/23(土) 15:20〜「スペイン語入門3」
  • 7/24(日) 14:20〜「スペイン語入門4」
  • 7/30(土) 15:20〜「スペイン語入門5」
  • 7/31(日) 14:20〜「スペイン語入門6」
  • 8/11(木祝)15:35〜「スペイン語入門7」
  • 8/14(日) 13:30〜「バタ・デ・コーラ・ソレア振付」
  • 8/27(土) 13:10〜「スペイン語入門9」

以上になります。なお、HP「クルシージョ」の内容はシステムの都合上更新できない状況ですので、こちらのトップページにて随時更新させて頂きます。

「第19回少人数制クルシージョ」詳細はこちらクリック↓

TEISEI.TOKYO CURSILLO VOL19

TEISEI.CALENDARIO.TOKYO CURSILLO VOL19

上記以外でも定員間近のクラスもありますので、受講ご検討の方は上記詳細をご確認の上お早めに layunko@gmail.com までお申し込み下さい。

8/3(水)・4(木)・6(土)・7(日)アントニオ・ペレス来日写真展同時開催ライブ 残席情報

  • 8/3(水)19:30開演 残席13【バイレ】阿部碧里・市川幸子・堀江朋子・萩原淳子
  • 8/4(木)19:30開演 残席 9【バイレ】伊集院史朗・鍛地陽子・島崎リノ・萩原淳子
  • 8/6(土)14:00開演 残席 6【バイレ】田倉京・中谷泉・藤井かおる・萩原淳子
  • 8/6(土)18:00開演 残席 9【バイレ】太田マキ・田村陽子・水野恵・萩原淳子
  • 8/7(日)14:00開演 残席 7【バイレ】後藤めぐみ・デラフエンテチャベス由香・徳田志帆
  • 8/7(日)18:00開演 残席19【バイレ】浅見純子・島村香・松彩果・萩原淳子
    ※【カンテ】全日エル・プラテアオ
    【ギター】8/3(水)久保守・鈴木淳弘、8/4(木)小林亮、8/6(土)・7(日)エミリオ・マジャ

早々にたくさんのお申し込みを頂きありがとうございました!
早期満席も予想されますので、ご検討中の方はお早めにご連絡下さいませ。
ticket.layunko@gmail.com  までお願い致します。

ライブ詳細はこちらSHYASINTEN-LIVE 2016

写真展詳細はこちらzoo

「第10回大阪クルシージョ」(8/19・21)、宇根由佳さん・森脇淳子さん・萩原淳子による「うねじゅんじゅん」フラメンコ公演(大阪/アルディエンテ)もお申し込み受付中です。

「第10回大阪クルシージョ」お申し込み状況(5月16日現在)

  • 8/19(金)19:15〜「サパテアード原点」空き8名
  • 8/19(金)20:35〜「ソレア研究」   空き2名
  • 8/21(日)13:15〜「使ってこそ身体」 満席のためキャンセル待ちをお願いします。
  • 8/21(日)14:35〜「コンパス重視」  満席のためキャンセル待ちをお願いします。
  • 8/21(日)15:55〜「ソレア研究」   満席のためキャンセル待ちをお願いします。
  • 8/21(日)17:15〜「マントン・テクニカ」    空き1名
  • 8/21(日)18:30〜「バタ・デ・コーラ・テクニカ」空き4名

大阪クルシージョ詳細はこちら→OSAKACURSILLO.VOL10
うねじゅんじゅん公演詳細はこちら→2016.8.20 UNE JUN YUN

Captura de pantalla 2016-04-28 a la(s) 12.04.23 copiaうねじゅんじゅん公演の方もたくさんのお申し込みを頂き、現在半数くらいのお席が埋まっている状況です。
今後満席も予想されますので、ご希望の方は上記詳細をクリックしてご確認の上、ticket.layunko@gmail.com までご連絡下さい。

※「第10回福岡クルシージョ」(9/3開講予定)と福岡ライブ(9/4開催予定)、つくば国際美学院さん主催クルシージョ詳細は決定次第ご案内させて頂きますので宜しくお願い致します。


では明後日はセビージャのタブラオ“フラメンケリーア”に出演です。がんばります!

2016年5月16日 急にまた暑くなったセビージャにて。

May 16

13182969_10207503725644622_332979259_nみなさんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか?

5月18日(水)セビージャのタブラオ、“フラメンケリーア”で踊ります!

ギター:ミゲル・ペレス

カンテ:インマ・リベーロ

バイレ:萩原淳子

21:00開演

入場料9ユーロ

になります。

ソレアとバタ・デ・コーラのガロティンを踊る予定です。明日少し合わせができるようなので、どうなるかな。バタ・デ・コーラのガロティンは昨年の夏に「人はなぜ、絵はがきの風景を探すのか?」で踊ったものを少しアレンジする感じ。あの時はエミリオ・マジャがギター担当でしたので、エミリオが持っている音楽に合わせた部分が結構ありました。今回はミゲル・ペレス。エミリオ同様音楽性豊かなギタリストです。ミゲルだとどんな感じになるんだろう?

ガロティンって言うと、日本では発表会とかでよく踊られるポピュラーな曲ですが、内心嫌に思うギタリストや歌い手も多いんですよね・・・。なんというか軽視されているというか。踊り手さんでもいらっしゃいますね。でも要は「何を」踊るか、(歌うか、弾くか)ではなく、「どう」踊るか(歌うか、弾くか)だと思うんだけどなあ。ソレアやシギリージャを踊るからフラメンコで、ガロティンを踊るからフラメンコじゃないっていう発想は私にはないかな・・・・。しかもバタ・デ・コーラだし。「バタのガロティンなんて見た事ありませんでした」っていろんな人に昨年言われましたが。私もありません。(笑)

どうなるでしょうか・・・ハアッ・・・。いつもながら緊張します。

では皆さんまたお会いしましょう!

2016年5月16日 セビージャにて。

« Previous / Entradas Anteriores