Junko Hagiwara – La Yunko
Aug 14

8/15(水)フアン・セバスチャン企画みなさんこんにちは。ブログ続投です!

お盆休みといえど、全然休めていない萩原です・・・(涙)

というわけで、早速ですがお知らせです。

明日8/15(水)西日暮里のタブラオ「アルハムブラ」さんにてライブ出演致します。数日前の情報では「ほぼ満席」とのことでした。すでにご予約下さいました皆様、ありがとうございます!今後のご予約、空き状況に関してはアルハムブラさん(TEL 03-3806-5017)の方へ直接お問い合わせ下さるようお願い申し上げます。

明日はバタ・デ・コーラのアレグリアスを踊ります。今回一時帰国中のライブ出演最後、そして共演の皆様も豪華な方々で楽しみです!

ご都合よろしければ是非いらしてくださいね!
———————————————————————————————-

36915584_10213397606587138_1418278379588681728_nそして、9/14(金)にBadajoz(バダホス)という町にて、ヘスス・オルテガと田村陽子さん主催の公演「KIZUNA-絆-」に出演させて頂きます。昨年の夏に日本国内で開催され好評を博したこの公演、ゲスト出演されていたヘスス・オルテガの出身地バダホスで再演とのことです!おめでとうございます!私は日本での公演には出演しておりませんでしたが、この度お声をかけて頂き、光栄にもバダホスでの公演で踊らせて頂くことになりました。群舞のマルティネーテ、タンゴ、そしてソロではバタ・デ・コーラとマントンのアレグリアスを踊らせて頂きます!!!そして只今群舞の振付を送って頂いた練習動画で学んでいる最中。スーパー不器用な私、本当に大変で泣きそうなのですが・・・、頑張ります!!!

2018.9.14(金)// 「KIZUNA」

ロペス・デ・アジャラ劇場(バダホス)
21:30開演

Baile Cante Guitarra
  • Jesús Ortega
  • 田村陽子
  • 永倉麻貴
  • 水野真那
  • 萩原淳子
  • マヌエル・パヘレス
  • ホセ・ゴメス・フェフォ
  • ラモン・アマドール
  •  

バダホスはセビージャからバスで3時間程の街です。スペインにいらっしゃる方、ご都合がよろしければ是非いらしてくださいね。いらっしゃれない方、応援よろしくお願い致します!

チケットご予約はこちら→ロペス・デ・アジャラ劇場 チケット予約

——

というわけで、これからさっさと練習に取りかかかります!(だからお盆休みないのです〜。涙)

2018年8月14日

Aug 14

39071451_10156602581641228_1009669291424874496_o39090071_10156602582191228_6058138000498360320_o39072769_10156602581806228_8830637693277831168_oみなさんこんにちは。お盆休みいかがお過ごしでしょうか?

あっという間に日付が変わってゆきます・・・
お陰様で「第14回福岡クルシージョ」は無事終了しました。
お盆休み中に受講して下さいました皆さんありがとうございました!
ぐっと真剣になって引き込まれる目や、何かがパッと弾けて輝く顔、そんな受講生の瞬間瞬間にドキドキしながら教えることができて、福岡まで来た甲斐があったなあと、今、しみじみ思います。
美味しいものもいっぱい食べたなあ、お付き合い下さった皆さん本当にありがとうございました!!!

次回は来年1〜2月開講予定。またお会いできることを楽しみにしています。

—————

写真は福岡アジア美術館で現在開催中の「おいでよ!絵本ミュージアム展」。
懐かしの「はじめてのおつかい」に再会し、涙出そうになる萩原淳子、42歳の夏であった。(笑)

2018年8月14日

 

Aug 10

スクリーンショット 2018-08-11 0.12.51みなさんこんばんは。いかがお過ごしでしょうか?

台風の影響が心配されましたが、お陰様で一昨日無事、福岡に着きました。昨日はセミ・プライベートレッスン、そして本日8/11(土)「第14回福岡クルシージョ」を開講致します。

【日程】 2018年8月11日(土)

【会場】 ビークラブフラメンコスタジオ

【開講クラス】

  • 13:15〜14:30「今、見直すべき基本」
  • 14:35〜15:50「ブレリア・デ・カイ振付」
  • 16:10〜17:25「マントン・テクニカ基礎」
  • 17:30〜18:45「バタ・デ・コーラ・テクニカ基礎」

詳細はこちら→FUKUOKACURSILLO.VOL14

お申し込み先:fukuokacursillo@gmail.com(ウラべ)

全クラス空きがありますので、ご希望の方は上記アドレスまでご連絡下さい。

お盆休み中の開講でもクラスにいらっしゃる皆さん、ありがとうございます!

お会いできることを楽しみにしています!

2018年8月11日 福岡にて。

Aug 8

38770573_10156588618846228_2579613746603229184_o38701166_10156588618871228_3413323411936509952_o38685418_10156588618571228_1348163218870108160_o38689024_10156588619836228_3262361972976386048_o38676744_10156588618901228_6820804457169682432_o38717418_10156588619526228_2614515741772218368_o38675484_10156588620026228_7925941006044758016_o38736413_10156588619551228_9111997139663192064_o38671002_10156588619126228_3650530242331672576_o38720665_10156588619101228_3007191257182109696_o38839133_10156588619136228_1628367499441471488_o38700076_10156588619356228_939841949349707776_o38675507_10156588619581228_4229824715272749056_o38749062_10156588619336228_7262975755519262720_o38717349_10156588619821228_247419858898124800_o38689582_10156588619881228_2771602843478523904_oみなさんこんばんは。いかがお過ごしでしょうか?

先日終了しました「真夏の夜のフラメンコ」公演の写真(アントニオ・ペレス撮影)をアップ致します。

小松原庸子スペイン舞踊団第48回野外フェスティバル「真夏の夜のフラメンコ」公演

日程:2018年8月4日(土)
会場:日比谷野外大音楽堂
主催:ソル・デ・エスパーニャ(小松原庸子スペイン舞踊団)
後援:スペイン大使館、インスティトゥト・セルバンテス東京、公益財団法人日本スペイン協会
協賛:MARUWA

ギター:高橋紀博、鈴木尚
カンテ:ディエゴ・ゴメス、チェマ

公演数日前に小松原庸子先生からアントニオの方へ撮影依頼を頂きました。そのため、今回は私の写真だけでなく、舞踊団のお写真、他の出演者さんの撮影も全てアントニオの方で担当させて頂きました。3時間にも渡る公演中、会場中をあちこち駆け回り写真を撮ってくれたアントニオ。きっと私よりも疲れてしまったと思います。いつも写真を撮ってくれてありがとう、と思っているけれど、今回は特に特に感謝です。

バタ・デ・コーラとマントンのソレア。劇場内で踊るのと異なり、野外で踊るというのは厳しい条件になるのですが、それでも挑戦してよかったです。定評を頂いているバタ・デ・コーラのソレアで踊るのが安心だったし、確実だったかもしれません。でもあえて、そこで止まってはいけない!と思い切って挑戦させて頂きました。そのような場を与えて下さった小松原庸子先生、関係者の皆様、本当にありがとうございました。

今回は大きな舞台での自分の踊りをご覧頂こうと、日本で師事してたAMI先生をご招待させて頂きました。踊りを準備していく中で、自分の中にあった迷いの部分、それがやはりAMI先生にはお見通しでした。たくさんのお客様からのご感想はとても嬉しい!でもプロの目で厳しく見て頂くことも成長してゆくためには必要だと私は思います。皆様からのお喜びの声や励まし、そしてAMI先生から頂いた大切なアドバイスを忘れずにこれからもまた少しずつ頑張っていきたいと思います。

そして、今回の公演で共演させて頂いた渡部純子さん、大沼由紀さんと色々お話できたこともとても嬉しく、そしてたくさんのお言葉が心に残りました。舞台の上でも楽屋でもたくさんたくさん学ばせて頂き、本当に貴重な経験をさせて頂きました。

皆様、ありがとうございました!!!

2018年8月8日

 

 

Aug 6

8/4(土)真夏の夜のフラメンコ表みなさんこんにちは。いかがお過ごしでしょうか?

ブログアップが遅れましたが、一昨日、

お陰様で無事に「真夏の夜のフラメンコ」公演が終了しました。お越し頂きましたお客様、本当にありがとうございました。長時間お暑い中で本当に大変だったと思いますが、「楽しくてアッという間だった!」「豪華で素晴らしい公演でした!」とたくさんのお喜びのお声を頂きホッとしています。

 

数年ぶりの野外でのバタ・デ・コーラとマントンのソレア。本番まで、そして本番も四苦八苦しましたが踊っている最中に客席から「oleeee」という声が聞こえてきたり、野外ならではの空気を感じたり、と夏のフェスティバルを実感しながら踊ることができ、とても素晴らしい経験となりました。会場にて、また遠くから応援して下さいました皆様、本当にありがとうございました!

 

そしてこのような機会を作って下さいました小松原庸子先生、関係者の皆様、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。たくさんの方々に支えられて無事に踊り切れたことに感謝しております。

 

楽屋内外でお世話になりました共演者の皆様、今後の成長のために暖かいアドバイスを下さった皆様も本当にありがとうございました。今回学ばせて頂いたことは数知れません。これを糧にまた少しずつ精進したいと思います。

 

—————————-
 
次回は、8/15(水)、西日暮里のタブラオ、アルハムブラさんに出演させて頂きます。まだ少しお席をご用意できるようですので、ご希望の方は以下までご予約お願いいたします。今度は気分一新、アレグリアスを踊ります!
  • 2018.8.15(水)// フアン・セバスチャン企画アルハムブラライブ
  • 時間/1部19:15開演/2部20:30開演
  • 会場/アルハムブラ西日暮里→http://alhambra.co.jp/shop.html
  • チャージ/4500円

【ご予約juankikaku@gmail.com(フアン)/TEL 03-3806-5017(アルハムブラさん)
8/15(水)フアン・セバスチャン企画

Baile Cante Guitarra
  • 市川幸子
  • 太田マキ
  • 後藤めぐみ
  • 三枝麻衣
  • 三枝雄輔
  • 萩原淳子(ソロ1曲出演)
  • マヌエル・タニェ
  • エミリオ・マジャ
  • フアン・セバスチャン

では皆様、またお会いしましょう。

※アントニオ・ペレス撮影「真夏の夜のフラメンコ」公演舞台写真は後日アップ致します。
お楽しみに!!!
2018年8月6日
Jul 31

37973413_10156564932176228_9024509239959224320_o37979765_10156564932206228_8962831538198675456_o38134364_10156564932221228_2049666712726405120_o38085611_10156564932406228_8631636675744759808_o37995770_10156564932441228_5946319201256865792_o38036498_10156564932426228_2029068758244392960_o37976117_10156564932676228_4669221469044080640_o38125811_10156564932706228_2683956652754862080_o38151449_10156564933026228_9198583259443757056_o38142804_10156564933241228_1411545288207761408_o37973455_10156564932711228_4894887292818161664_o38218278_10156564932976228_8133745624202870784_oみなさんこんばんは。

昨日、川尻敏晴さんが撮影して下さった7/28(土)アルハムブラライブのお写真をブログに掲載しましたが、今日は夫アントニオ・ペレス撮影の写真を掲載します!
———————-

エミリオ・マジャ企画「La voz del aire」
2018年7月28日
タブラオ「アルハムブラ」

ギター:エミリオ・マジャ
カンテ:川島桂子、高橋愛夜、許有延、小松美保
バイレ:井上圭子、小島慶子、小林泰子、萩原淳子
ゲスト・アーティスト:マヌエル・タニェ

写真:アントニオ・ペレス

素晴らしい企画にお声をかけて頂き本当に光栄でした。ありがとうございました。満場のお客様からの笑顔やあたたかいお言葉で沢山のエネルギーを頂き、共演者の皆様から沢山のことを学ばせて頂きました。

ソロのソレアで歌ってくださった高橋愛夜さん、小松美保さん、パルマで支えて下さった川島桂子さん、許有延さんありがとうございました。そして全てを支えてくれたエミリオのギター。

自分の踊りでは、いつものごとくすっとこどっこいが数カ所。やはり準備不足だったか、ツメが甘かったか、自分に甘かったか。これは自分の責任として次につなげるとして・・・ソロのソレアではトゥリアーナやレブリーハに幽体離脱したようでした。

日本にいても、あの土地その土地の、色や光や匂いや音や人や会話や食べ物や・・・いろんなものがこみ上げてくる。それが自分のフラメンコの土台になっているんだと感じた夜でした。

そして、結局舞台の上では自分は自分以外の何者でもない。自分以上の踊りを期待するのは僭越、自分じゃない踊りをマネするのは愚の骨頂。わかってるんだけど・・・わからなくなっちゃう時もあるから時々思い出さなくちゃ。

次は今週土曜の「真夏の夜のフラメンコ」公演!
バタとマントンのソレアを踊ります。チケットまだ少し手元にありますので、ご希望の方はこちら→ 「連絡先」までご連絡ください。公演詳細はこちら→「公演情報」

ではまたお会いしましょう!

2018年7月31日

« Previous / Entradas Anteriores